ファクタリングの種類ごとの特徴

ファクタリング とは、他人が保有している売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことです。

なお売掛債権とは、商品の納品やサービスの提供が完了しているにもかかわらず、請求済みであるものの支払いが行われていない債権のことを指します。
ファクタリングは、これを不良債権にしないためのサービスということで、様々な種類が用意されています。

まず、自分の会社の売掛債権を保証してもらい、与信管理などのサポートを役立てるものは保証ファクタリングと呼ばれています。
保証していた取引先が倒産してしまった場合には保証金が支払われるので、巻き込まれて自分の会社まで倒産する様な心配はありません。

また、保証ファクタリングは、新規の取引先と契約する時にも非常に有効です。

OKWaveの最新情報を掲載しました。

相手の財務状況や業績が分からない段階でも、最悪の事態に見舞われない保証があるので契約に踏み込むことが出来ます。
ビジネスチャンスを逃さないためにも必要であり、海外では資金調達の方法として認識されています。



この国際舞台で活用するのが、国際ファクタリングです。

輸入業者の信用調査を行い、受諾通知により代金を指定した日本の銀行に送金します。必要となる費用は、信用調査の1万円と諸経費及び保証料です。

ファクタリングについて知りたいならこちらです。

保証料は、インボイス金額に対して1カ月あたり0.7パーセントから2パーセント程度が相場ですが、直接交渉により変動させることも可能です。取引をより安全に行うために、活用されています。