売上以外で資金繰りをよくする方法があります

会社が一丸となって汗水流して働いて売上を伸ばしているのに、お金がたまらないと悩んでいませんか。

利益が出て納税資金をわざわざ金融機関から調達するケースはよくある話です。

だが現実は、売上を伸ばすことだけでは資金繰りはうまくいきません。

まず、売上は信用取引を前提にしてる点です。

お金の入金ではなく、物の動きで判断します。


たとえば、商品を得意先に納品すれば、代金が未回収でも売上は計上されます。

逆に、仕入先から製品を倉庫などに納品されると代金が未払いでも仕入に計上されます。
つぎに、売上を伸ばすためには在庫投資でお金を寝かしつけることが不可欠です。

Ameba Newsに関する情報が満載です。

したがって、資金繰りをよくするためには売上を伸ばすことだけでは不十分です。
在庫投資や売上代金の回収サイトと仕入代金の支払サイトのバランスを考慮する必要があります。
実際には在庫を減らす、早期回収と支払猶予の期間を延ばすのがポイントです。

資金繰りの情報がてんこ盛りのサイトです。

すると資金繰りはよくなり、社長は精神的な負担から解放されることでしょう。

それでも、売上が減少する懸念は拭えません。


第一に、早期回収の要求は得意先を失うリスクが生じます。

第二に、在庫投資をしなければ、品切れによる機会損失は間逃れません。



そこでお勧めの方法は二つあります。

最初に、支払サイトを少し長くすることです。

具体的には、仕入先に月末締め翌月末払いを翌々月五日払いに支払時期を延ばす交渉をすることです。わずが五日なら簡単ではないでしょうか。

つぎに適正在庫の基準を明確にして管理することです。


無計画に仕入れると多額のお金を寝かしつけます。

それらを取り入れることで、資金調達コストである金融機関に対する金利を抑えて、過剰な在庫投資による倉庫代などの管理費用を減らせます。
むしろ、長期的で考えれば売上は伸びます。なぜなら、資金繰りに悩むことなく、本業に専念できるからです。

資金繰りをよくする方法は売上を伸ばすことだけではありません。