資金繰りのいろはについて

今の世の中、将来に不安を抱く人が多く老後の心配をし資金繰りを始めようと思われる方も多いと思われます。

しかし「どんなことをすればいいの」「何があるの」といった疑問も多いと思うので簡単に説明をしたいと思います。

資金繰りの本題ですが、まず何で貯めるのかを決める必要があります。

資金繰り情報収集ができます。

一番簡単なのは「円」で、普通預金や定期預金などで貯めることができます。



「国債」は、国から発行される借金のことで金利が定期預金等よりも高いので人気があります。


次に「株」は主に証券会社で購入が可能なもので収入は配当金や買った時と売った時の差額となります。


しかし暴落や倒産などによって大損してしまう可能性も存在するので注意が必要となります。
また「ドル」で国債(この場合は米国債など)や預金を行うといった手段もあります。

もちろんこれにもリスクはあってレートによっては損してしまうことがありますが、「円」の価値が下がっても何とかなるようにするために持つ人もいます。

このほかには「金」や「不動産」など資金繰りにはいろいろな方法が存在していますが基本的にはどれもリスクがありますので、インターネットや取扱い店の窓口などでリスクの確認をしっかりと行ってから行うようにしてくださいね。

実際の取扱い店には上記なんかよりももっと多くの金融商品があると思われますので所持金とリスクを考えながら資金繰りを行うことで将来の心配をすることがなくなるように応援しています。

NAVERまとめについて分かりやすくまとめてあります。